Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼きチーズはウマいです

 先日の北海道物産展では、ラーメンを食べるだけでなく、チーズも買ってきました。
 それがこのカチョカバロ。
Caciocavallo 01

 ウルトラマンか流星人間ゾーンに出てくる宇宙人みたいな名前ですが、「カチョ」がチーズで「カヴァロ」が馬という意味なんだとか。
 ぶら下げて熟成させるため、こんな面白い形になるそうです。

 このチーズ、そのまま食べると、正直硬くてパサパサです。細かく刻んでサラダの具にしたり、すりおろして粉チーズにしたり、なんて使い方もあるようですが、少なくとも単品ではひどく食べにくい。
 で、どんなのがオーソドックスな調理法かといえば、薄くスライスして焼く!
Caciocavallo 02

 熱を通すことで、硬さがモチモチの弾力に、またこんがり焼けた表面はサクッとした食感に変わります。味にはクセがなくて食べやすく、モッツァレラチーズをより一層、濃厚にしたみたいです。
 熟成具合や製法によって食感が変わるのか、前に食べたものはトロ~~リと縁の伸びがよく、今回はしっかり噛み応えがありました。
 どっちにしても、美味いことに違いはないですねー。

 ちなみに私はフライパンへ油を引いて、そのまま焼きましたが、小麦粉をまぶしても美味しいらしいです。
スポンサーサイト

肉!

更新をさぼっていたら、四か月も経ってしまいました。
しかも、写真うつりが悪かった前回の記事を削除したので、結果として間が五月分も空いている状態に…。
曲がりなりにも小説を書いている身でありながら、筆不精にも程がありますね。
肝心の文章関連の情報については、もう少々お待ちくださいませ。


そんなわけで、今回も食道楽の話。
近場のデパートで北海道物産展をやっていたので覗いてきました。
で、食べたのが『豚丼のはなとかち』の半ばら豚丼、お値段1050円。



ばら肉とロース肉を半々で入れているのが名前の由来だそうですが、ばら肉は脂身たっぷりで、ロース肉は柔らかく、さらにどちらも厚切りとあって、肉好きの私には堪らない丼でした。
何より素晴らしいのが、そのボリューム。
肉の上に肉が乗り、一切れか二切れ取ったぐらいでは、下のご飯がほとんど見えません。
味付けは甘辛くて、上のわさびがピリッと良いアクセント。丼とは別に追加用のタレもありましたが、私としては、それを足さなくてもちょうど良い濃さでした。

こういう物産展へ行くたびに思うのですが、北海道ってつくづく美味しいところです。

フェア!

えーと……誰より私がびっくりしました。

http://ktcom.blog56.fc2.com/blog-entry-1968.html

これも読者の皆様の応援があればこそ。
心より御礼申し上げます。


まだ読んだことのない方も、これを機に手に取っていただけたら幸いです。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。